読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとすじは今がお買い得品!

評判
木村さんのご苦労に心から経緯を表したい気持ちです。また消費者も消費比重を安全な食品にもっとかけるべきです。リンゴには使い古した天ぷら油と石鹸をまぜたものや酢を散布しますが!酢については希釈倍率について説明がありますが!天ぷら油と石鹸の混合液については希釈の記述がありません。

早速ご紹介♪

2017年03月19日 ランキング上位商品↑

ひとすじ自然栽培ひとすじに [ 木村秋則 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

結論は!「無理を通せば道理は引っ込む」じゃーなくて!「道理を積み重ねると!無理は存在しなくなる」って感じですかね?!著者・木村さんの「しつこさ」は素晴らしいです!自然と向かい合う農家さんは!必然的に科学者足らねばならない・・・・のかもしれませんね。感動して、一気に読み、夜が明けてしまっていました(笑)2度3度と読み返したい本です。お勧めです 副題に「無農薬・無肥料の技と心」とあります。信念をもってやりぬく著者は素晴らしいものがあります。原子力発電所の事故で日本中が放射性物質で汚染されました。知人は勉強になったと大変感動し、自分でもできる事から自然栽培に取り組んでみようと、はりきっていました。プロフェッショナルで見たことがあったのですが!本が出ているのを知り!すぐに注文しました。 へこたれそうになっても、へこたれないタフネスな心。とても参考になったそうです。1冊は、わたしの勉強のために。-------------本を購入したばかりなので!まだ実践していませんが!夏野菜からチャレンジする予定です。昨年の夏頃は家庭園芸用に販売されている腐葉土などの汚染が話題になりましたが、現在はどうでしょう?ホームセンターで売られている腐葉土や培養土はもう安全なのでしょうか?肥料は大丈夫でしょうか?野菜を育ててみたいが市販の培養土や腐葉土や肥料の放射性物質が心配な人にこの本の内容は希望を与えてくれるかもしれません。木村秋則さんの努力に感激しました。と、いうことで、そのあたりの疑問点を解決するには、丹念にネットサーフィンして実践者を探すか、講習会に出るか、木村式で自然栽培された野菜を販売している店に問い合わせるか、自分で試行錯誤しながら実践によって付き止めるか、、です。テレビでご本人を見て、ぜひ本を読んでみたくなり、今回購入してみました。表現からすると、なんとなくポットに入ったまま植えつけるみたいですが一般的な植え付け方法ではありませんので面食らうでしょう。皆さんが書いているように感動して読むことが出来ました。書き込みも悪い評価が一つも無く!来るのが楽しみです。すべての農家にこの栽培を真似て安全な食材を作るべく努力して欲しいですし!農林省も全職員がこれを理解し実践できるよう環境整備をすべき。果物なんて農薬漬けだ。世間話をしていたら「年に40回の農薬をかける。人として偉大なかたです。今の農業界に一番必要なのは、この心かも知れないですね。サイズは不揃い・・しかしうま味があるように思います。自然やそこに住む自分たちの存在までも!考えさせられる一冊です。木村さんの辿ってきた道!自然栽培の技術がこの本で概ね理解できます。リンゴの花が咲いてくれて本当に良かった!もうすぐ東北も春を迎えます。無農薬?な〜にバカなこと言ってんだ、ムリムリ!」と激しく主張されたので、2冊買って、1冊をプレゼントしました。春が待ち通しい・・・(^_-)-☆野菜苗を買いに行った先が!りんごも作る農家さんでした。家庭菜園をやっているのですが!木村さんの考えに賛成です。実際私も自然栽培に近い取り組みです。息子が家庭菜園をしてる主人に勧めてくれた本です。人物と技術の記載バランスがよい本ですね。著者の!けっしてあきらめないひたむきな努力に感動する一冊です。緑肥として大豆などを使いますが!大豆には根粒菌がつきにくい品種もあり!例えば黒豆は候補にならないそうですが!逆にどんな品種がオススメなのか!具体的な品種名が書かれていません。家族の支えも想像を絶するものがあったと思いますが耐え抜いてくれて本当に良かったと感じます。知人に頼まれての購入です。。図書館で借りて読んだのですが、手元に置いておきたい本だと思ってので購入しました。僕は、技を編み出した木村氏の”心”に脱帽です。リンゴだけでなく!トマト!キュウリ!メロン!トウモロコシ!ピーマンなどの野菜の自然栽培や米についても説明されていますが!野菜についてはポット苗ごと植えるのか?ポットから抜いて植えるのか?イマイチわかりません。子供が小学校に入ったら読ませるつもりです。野菜の時期です。安いものには安いだけの理由があるのです。草も共存で最初は違和感がありましたがそれが自然ですね。